カテゴリ
マードックからの最後の手紙2021年版 予約受付開始

吹奏楽でクリスマス♪おすすめメドレー楽譜5選!

世界中で愛されるクリスマスソングは、クリスマス気分を盛り上げてくれる絶好のレパートリー♪特に、いろんな曲が1度に楽しめるメドレー作品はコンサートにもぴったり。
クリスマスコンサートには欠かせない厳かなクリスマスキャロルから、楽しいクリスマスポップまで、吹奏楽で楽しむ珠玉のメドレー作品をご紹介します

目次

吹奏楽で楽しむ珠玉のクリスマスソングメドレー

クリスマス・フェスティバル|ルロイ・アンダーソン

タイトルを知らなくても聴けばわかるという、なじみある8つのクリスマス曲メドレー。曲と曲とが重なり合うアレンジで、いつの間にか曲が変わります。”festival”は、楽しい催し物ではなく、もともとの意味は宗教的な祭礼を指します。

そのタイトルにふさわしく、前半は厳かに演奏され、5曲目の”天には栄え”で1つめのクライマックスを迎えます。

その後は「きよしこの夜」「ジングル・ベル」「神の御子は今宵しも」と、日本人にもなじみ深い曲でエンディングへ。流れるような曲の中で「ジングル・ベル」がポイントとして生きる吹奏楽アレンジです。

メドレー収録曲

  • もろびとこぞりて (Joy to the World! the Lord is come)
  • ひいらぎを飾ろう (Deck the hall with boughs of holly)
  • 世の人忘るな (God Rest Ye Merry Gentlemen)
  • ウェンセスラスはよい王様 (Good King Wenceslas)
  • 天には栄え (Hark! The Herald Angels Sing)
  • きよしこの夜 (Holy Night)
  • ジングル・ベル (Jingle Bells)
  • 神の御子は今宵しも (Adeste Fideles)

ホルスト・クリスマス|グスターヴ・ホルスト arr. ダグラス・E・ワーグナー

”ジュピター”をはじめとする、組曲「惑星」でよく知られるホルスト。荘厳なメロディーを得意とするホルストは、クリスマス曲も残しています。

なかでも”In the Bleak Midwinter”(邦題「木枯らし寒く吹きすさび」)は、日本ではあまり聴き慣れませんが、欧米ではなじみあるクリスマスキャロル。コーラスとしても美しい旋律の吹奏楽アレンジを含んだメドレーです。

小編成の演奏ができるため、海外では高校生の吹奏楽やコーラスつき、オーケストラなどで親しまれているようです。教会でのクリスマスコンサートや、ひと味違ったクリスマスメドレーを探している方にオススメです。

メドレー収録曲

  • 木枯らし寒く吹きすさび (In the Bleak Midwinter)
  • おねむりなさい、いとしい子よ (Lullay My Liking)
  • Good Christian Men, Rejoice
  • 世の人忘るな (God Rest Ye Merry Gentlemen)
  • Come Ye Lofty, Come Ye Lowly

ジャジー・クリスマス| arr. ジョニー・ヴィンソン

なじみのあるクリスマスキャロルを、スイング調にアレンジしたメドレー。弾むようなメドレーで、4分ほどの長さのため、年末コンサートのアンコールにも向いています。吹奏楽の楽しさが伝わってくるアレンジです。

1曲目の「We Wish You a Merry Christmas」から、体を揺らしながら一緒に口ずさんでしまいそうな楽しさ。続く「ひいらぎとつたは」は静かに演奏され、最後の「ウェンセスラスはよい王様」で、再びにぎやかに演奏されます。短い曲ながら、緩急がついた吹奏楽らしいメドレーです。

通常編成、フレキシブル版いずれも揃っています。

メドレー収録曲

  • おめでとうクリスマス (We Wish You a Merry Christmas)
  • ひいらぎとつたは (The Holly and the Ivy)
  • ウェンセスラスはよい王様 (Good King Wenceslas)
  • 演奏形態: 吹奏楽フレキシブル
  • グレード: 3
  • 演奏時間: 4分0秒
  • HL 04007254(Hal Leonard)

クリスマス・キャロル・メドレー| arr. ボブ佐久間

キリスト教文化圏で、イエス・キリストの生誕を祝って歌われるクリスマス・キャロル。その歴史は古く、なかには13世紀までさかのぼる曲もあります。口伝のように人々の間で古くから歌われてきたメロディーもあるクリスマス・キャロルを、現代の吹奏楽メドレーにアレンジしたのがこの楽譜です。

編曲は、テレビドラマや音楽番組でもおなじみのボブ佐久間氏。日本人にもなじみのあるクリスマス・キャロル9曲を、14分の大曲に仕上げました。

華やかでインパクトのある「Joy to the world」から始まり、さまざまな表情のキャロルをならべ、最後は楽しい「We Wish You A Merry Christmas」締めくくり。聴く人を飽きさせない曲構成です。

メドレー収録曲

  • Joy to the world
  • ああベツレムよ
  • あめには栄え
  • きよしこの夜 (O Holy Night)
  • 牧人ひつじを
  • もみの木
  • Ave Maria
  • Deck the Halls(ひいらぎかざろう)
  • We Wish You A Merry Christmas

“メニー” クリスマス| arr. ボブ佐久間

ボブ佐久間のクリスマスメドレーをもう一曲ご紹介。”Merry(陽気な)”ならぬ、「”Many(たくさんの)”Christmas」。関西生まれのボブ佐久間らしい、洒落っ気たっぷりのタイトルです。

タイトル通り、18分の演奏時間の中に14曲ものクリスマスソングをぎっしり詰め込んだメドレー。子どもも歌える「赤鼻のトナカイ」や「ジングル・ベル」から、「恋人はサンタクロース」「Last Christmas」「White Christumas」のクリスマスポップスまで、玉手箱のようなメドレーです。

メニーメリークリスマスともいえるこのメドレーは、さまざまな年代の人が楽しめます。吹奏楽コンサートだけでなく、地域のクリスマスコンサートなどにもオススメです。

メドレー収録曲

  • Carol of the Bells
  • The Christmas Song
  • I’ll be home for Christmas
  • クリスマス・イブ
  • 赤鼻のトナカイ
  • 恋人がサンタクロース
  • Winter Wonder Land
  • Jingle Bells
  • サンタと天使が笑う夜
  • サンタが町にやってくる
  • Have Yourself A Merry Christmas
  • Last Christmas
  • Blue Christmas
  • White Christmas

いろいろな趣向で吹奏楽のクリスマス演奏を!

クリスマスキャロルやクリスマスソングなど、クリスマスに親しまれる曲の多くは、歌詞もあります。

クリスマスの曲を吹奏楽だけで演奏するのもいいですが、コーラスと一緒になど、場面に合わせてさまざまな趣向を凝らした演奏をすると楽しいでしょう。厳かなクリスマス音楽も、楽しいクリスマス曲も、レパートリーに加えてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる