カテゴリ
選曲のお悩みは選曲コンシェルジュへ!

物語性抜群!樽屋雅徳最新作&吹奏楽コンクール人気曲【2023年版】

吹奏楽界で爆発的な人気作品を生み続ける樽屋雅徳氏。なかでも代表曲「マードックからの最後の手紙」は2008年のリリースからその人気は衰えることを知りません。思い出深い曲のひとつに挙げるかたも多いのではないでしょうか?

この記事では、樽屋雅徳の最新作と、近年コンクール自由曲としても人気急上昇中の作品をご紹介します。

全曲試聴可🎧♫
実際の演奏動画もあります。演奏に加え、セッティングなども参考にしてください。選曲にお役立てくださいね。

目次

タイトルに思いを詰めた樽屋雅徳作品

樽屋氏の作品タイトルを眺めていると、小説を選んでいるような感覚になりませんか?
“作家はタイトルを決めるのに一番神経を使う”といいますが、樽屋雅徳氏もまた、楽曲のタイトルに強い想いを込めており、音楽的な魅力もさることながら文学的素養の深さもうかがえます。

楽曲のテーマは、文学作品、神話・伝説、歴史上の人物や事件などさまざま。ひとつひとつのテーマを学んだ上で紡ぎ出される楽曲は、感情表現や情景描写がとても緻密で、実にドラマチックです。

“小説を深めるには行間を読む”といわれるように、樽屋作品もまた、ひとつひとつの音への想いを深めることで表情を変えていくのかもしれません。物語を味わうように樽屋雅徳作品を奏でてください。

樽屋雅徳 2023年新作

依依恋恋~恋路の道は恋の路~

いいれんれん:恋い慕うあまり離れられないさま 石川県の恋路海岸にまつわる悲恋の物語をもとに作曲されました。助三郎と鍋乃、そして源次の切ない恋路を追うように描かれています。

  • 演奏形態: 中編成(33人~)
  • グレード: 3+
  • 演奏時間: 7分40秒
  • FML-0319FS(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2023/03/01

リップ・ヴァン・ウィンクル

アメリカの作家ワシントン・アーヴィングによる短編小説「リップ・ヴァン・ウィンクル」を描いたファンタジックな作品です。ワクワク感がいっぱいの可愛らしい音楽に仕上がっています。

  • 演奏形態: 小編成(17人~)
  • グレード: 2+
  • 演奏時間: 7分20秒
  • FML-0326(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2023/02/22

聖ペテロの天国への鍵~マタイによる福音書16章~

システィーナ礼拝堂にあるフレスコ画のひとつで、イタリアの画家ピエトロ・ペルジーノの宗教画にインスピレーションを得て作曲されました。ルネサンス期の音楽を意識した和声の美しさが感じられます。

  • 演奏形態: 大編成(42人~)
  • グレード: 4+
  • 演奏時間: 13分20秒
  • FML-0320(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2023/02/03

吹奏楽コンクール注目作品

蒼き三日月の夜

伊達政宗を題材に初陣・元服、幼少期の回想、父の死と熾烈を極める戦い、思いはせる三日月の夜、政宗の最期から現代までと、生涯を5つの場面に分けて辿った作品です。マンドリン合奏の曲として作曲した作品を吹奏楽用に加筆修正されました。 Fl, Asax, Claの印象的なソロも聴きどころのひとつです。

  • 演奏形態: 中編成(34人~)
  • グレード: 3+
  • 演奏時間: 8分13秒
  •  FML-0268(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2020/02/12

November 19 – Revised Edition

アメリカ第16代大統領リンカーンの激動の人生を音楽で回想する、壮大な映画音楽のような作品です。2017年発表の中編成版を小編成に変更、演奏時間もコンパクトになって新たに生まれかわりました。 史上初めて近代的な機械技術が主戦力となった南北戦場の情景を、ハイハットの硬質なリズムが牽引し、緊張感漂う管楽器のフレーズが駆け抜けていきます。穏やかな夕暮れなどノスタルジックなシーンとのコントラストが印象的な楽曲です。

  • 演奏形態: 小編成(23人~)
  • グレード: 4+
  • 演奏時間: 6分53秒
  •  FML-0241(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2019/01/23

マレーン姫の金の首飾り〈コンポーザーズ・カット・エディション〉

グリム童話の一編。ラプンツェルやなでしこと共通し、とある国の王子を恋仲にとなった姫君が塔に幽閉されるシチュエーションから始まります。 曲はそんなマレーン姫の一途な思いとしたたかさが描かれています。 比較的高難度の作品なので、今まで小編成作品を物足りなく感じていた皆さんにチャレンジしていただきたい1曲。

  • 演奏形態: 小編成(21人~)
  • グレード: 4
  • 演奏時間: 6分40秒
  •  FML-0295(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2021/04/22

ペドロの奇跡の夜

一人の少年「ペドロ」の優しさあふれる行動とその心が表現されたメロディーは、まるで映画音楽のようです。雪の中の街の教会へと続く道、ペドロの優しい心から、ようやく街中に鳴り響かせることができた美しい鐘の音、それぞれのシーンを想像しながら演奏してみてはいかがでしょうか。

  • 演奏形態: 中編成(29人~)
  • グレード: 3
  • 演奏時間: 7分01秒
  •  FML-0023(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2009/01/27

想ひ麗し浄瑠璃姫の雫

ねぶた音階、津軽三味線のイメージを織り込み、義経の伝説の壮大さや浄瑠璃姫の姫との切ない恋物語をイメージして作曲された樽屋ワールドを存分に味わえる人気作。 一途な浄瑠璃姫の思いが胸に迫ります。
編成違いによる比較記事も参考にしてください。

  • 演奏形態: 中編成(30人~)
  • グレード: 4
  • 演奏時間: 8分58秒
  •  FML-0142(フォスターミュージック)
  • 発売日: 2015/02/25

【まとめ】想いを観客に届ける樽屋雅徳作品

樽屋雅徳氏のドラマティックなメロディーは、聴く人によっていろいろな“なにか”を思い起こさせます。

歴史上の偉人であったり、大好きなマンガの主人公であったり、自分の経験や想いであったり、広々とした風景や風であったり…。

このような作品は、”ただ音を追って合わせる”だけでなく、”気持ちを合わせ”て演奏すると、音の深みがぐっと増してくるでしょう。“なにか”を思い起こさせるメロディーは、吹奏楽になじみのない観客も聴きやすいもの。

コンサートなどでもおすすめな樽屋雅徳作品をぜひ多くの方に楽しんでいただければと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる