カテゴリ
2021年の新譜、続々リリース!オンラインショップでチェック♪

「白鳥の湖」を吹奏楽で!おすすめ楽譜と収録CDをご紹介

クラシック音楽としても知られる「白鳥の湖」。この名曲が吹奏楽で演奏できるようアレンジされました。耳になじみのある曲はコンクールのみならず、コンサートにもピッタリの曲です。

目次

バレエ音楽「白鳥の湖」より第一幕第1場「情景」: Swan Lake: Act1 – No.1 SCENE

バレエ「白鳥の湖」は、王子ジークフリートの成年を祝うシーンで幕が上がります。第一幕は王子の成年式の祝宴が描かれますが、その導入にふさわしい、華々しく軽やかな音楽で、喜びに満ちあふれたシーンを感じさせます。
速いテンポでリズミカルな旋律の繰り返しは、吹奏楽の華やかさを十分に感じさせるアレンジ。ワクワクするような気持ちの高ぶりとともに、なに不自由なく育った王子を感じさせます。

バレエ音楽「白鳥の湖」より第一幕第1場「情景」: Swan Lake: Act1 - No.1 SCENE [吹奏楽-レンタル譜] バレエ音楽「白鳥の湖」より第一幕第1場「情景」: Swan Lake: Act1 – No.1 SCENE
作曲:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー (Peter Ilyich Tchaikovsky)
編曲:鈴木英史 (Eiji Suzuki)
編成:中編成
グレード:5
演奏人数の目安:41人
※原則として各楽器1名(optionalは-1、div.は+1)で算出
演奏時間:1分32秒
出版社:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

バレエ音楽「白鳥の湖」より第三幕第18場「情景」: Swan Lake: Act3 – No.18 SCENE

第三幕は王子の花嫁探しの舞踏会シーン。第18場では、まず恋を知った王子の切なさが表現されます。そしてファンファーレのあと、悪魔ロットバルドとオディール(黒鳥)が登場。第二幕で愛を誓ったオデット(白鳥)にそっくりなオディールを見て王子の心が揺らぎます。
よく聴く白鳥のテーマが速いテンポでどことなく妖しく演奏されます。それがオディールのテーマ。オディールのテーマ曲をオデットのテーマに似せることで、二人がとてもよく似ていることを音楽でも表現しています。
短い場面ですが、吹奏楽の技術だけでなく、オデットとオディールの違いなどを表現できるとよいでしょう。

バレエ音楽「白鳥の湖」より第三幕第18場「情景」: Swan Lake: Act3 - No.18 SCENE [吹奏楽-レンタル譜] バレエ音楽「白鳥の湖」より第三幕第18場「情景」: Swan Lake: Act3 – No.18 SCENE
作曲:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー (Peter Ilyich Tchaikovsky)
編曲:鈴木英史 (Eiji Suzuki)
編成:中編成
グレード:5
演奏人数の目安:40人
※原則として各楽器1名(optionalは-1、div.は+1)で算出
演奏時間:1分50秒
出版社:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

バレエ音楽「白鳥の湖」より第四幕第29場「終曲」: Swan Lake: Act4 – No.29 FINALE

第4幕はまさに「白鳥の湖」の場面です。誰もが一度は耳にしたことがある有名な音楽、白鳥のテーマが鳴り響きます。第三幕で悪魔ロットバルドの罠にはまり、オディールに愛を誓った王子ジークフリート。
しかし、それに気づいて湖に急ぎ、オディットに許しを乞うシーンから始まります。白鳥の湖のテーマが次々と現れるのが、この「終曲」。オデットが王子を許す冒頭のシーンでは優しいテーマ曲が慎ましやかに現れます。
その後は悪魔が現れるとともに緊迫感を増し、ついには大音量の白鳥の湖テーマ曲でのクライマックス。その後、テーマ曲は長調へ移調し、二人の愛の力が悪魔に勝ったことを表します。
エンディング部は、宇宙を感じるようなきらめきと、壮大な旋律で締めくくられます。編曲にあたって、オリジナルから若干のカットを加えていますが、それでも5分を超える吹奏楽版の”終曲”。コンサートの演目としてもぴったりです。

バレエ音楽「白鳥の湖」より第四幕第29場「終曲」: Swan Lake: Act4 - No.29 FINALE [吹奏楽-レンタル譜] バレエ音楽「白鳥の湖」より第四幕第29場「終曲」: Swan Lake: Act4 – No.29 FINALE
作曲:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー (Peter Ilyich Tchaikovsky)
編曲:鈴木英史 (Eiji Suzuki)
編成:大編成
グレード:5
演奏人数の目安:46人
※原則として各楽器1名(optionalは-1、div.は+1)で算出
演奏時間:5分3秒
出版社:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

コンクール自由曲ベストアルバム2 「白鳥の湖」(再プレス盤): fostermusic Best Collection 2 – SWAN LAKE

「白鳥の湖」のアレンジを鈴木英史のほか、石津谷治法による「展覧会の絵」「青銅の騎士」のアレンジ、広瀬勇人・樽屋雅徳・福島弘和・ 江原大介・ 坂井貴祐・ 井澗昌樹のオリジナル作品を収録。ボーナストラックは、日本人の心にしみる「ふるさと」。アンコールやコンサートの締めなどに最適です。
海上自衛隊東京音楽隊のすばらしい演奏は、聴くだけでも吹奏楽のすばらしさを実感できるでしょう。「最終的にはこのようなハーモニーになる」というのを耳で体感できるCDですから、自由曲の選曲だけでなく、音のイメージを作る練習にもご活用ください。

コンクール自由曲ベストアルバム2 「白鳥の湖」(再プレス盤) fostermusic Best Collection 2 - SWAN LAKE [吹奏楽-CD] コンクール自由曲ベストアルバム2 「白鳥の湖」(再プレス盤): fostermusic Best Collection 2 – SWAN LAKE
演奏:海上自衛隊東京音楽隊 ( Japan Maritime Self-Defense Force Band,Tokyo.)
指揮:熊崎博幸 (Hiroyuki Kumazaki), 加養浩幸 (Hiroyuki Kayou)
出版社:フォスターミュージック (fostermusic Inc.)

「白鳥の湖」を吹奏楽で優美に演奏!

誰もが知る「白鳥の湖」を吹奏楽にアレンジしたのは鈴木英史氏。全国の学校現場などで指導を行っている鈴木氏は、アマチュアも取り組みやすい曲を多く書いています。そのため”演奏しやすくよく響く”と評判です。
「白鳥の湖」も例外ではありません。軽やかなシーンも緊迫感のあるシーンも、バレエ音楽らしく優美に演奏してみましょう。きっとオーケストラに負けない表現ができるはずです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる